サブスク

新聞ビジネス

「サブスク」という言葉を聞いた事がありますか?
今まで一度も聞いた事がない人や、意味が分からない人の為に、今回は「サブスク」という言葉の意味を解説します。

スポンサーリンク

サブスク

「サブスク」という言葉を知っていますか?
「サブスク」とは、近年ビジネス用語としてよく使われるようになりました。
この「サブスク」は、元となった英語の単語を短縮して使われるようになった、和製英語ともいえるこの言葉について解説します。

サブスクの意味とは

「サブスク」とは、英語の単語である「subscription(サブスプリクション)」という言葉を短縮して作られた和製英語です。
元々の言葉である「subscription(サブスプリクション)」は、日本語に訳すと「購読」という意味になります。
ところが現在、日本語として使われている「サブスク」は、「定額課金型」のビジネスを意味する言葉になりました。
英語の「subscription(サブスプリクション)」の本来の意味である「購読」では無く、「定額課金型」という日本独自の解釈の意味として使われるようになったこの「サブスク」は、典型的な和製英語といえる言葉です。
では現在、日本で「サブスク」という言葉の表す意味として使われている、「定額課金型」のビジネスとはどのようなものなのでしょうか?

「定額課金型」のビジネスとは?

「定額課金型」のビジネスとは、毎月定額もしくは、毎年定額の料金を払って利用できるサービスになります。
サービスを提供する側は

  • 「ある程度売り上げが安定し収益の見通しが立てやすい」

というメリットがあります。
また顧客側は

  • 「毎回定額の料金を支払うだけで、あとは料金を気にせずに好きなだけサービスを利用する事ができる」

というメリットがあります。
サービス提供側も、顧客側も双方にメリットがある為、現在様々な分野で広がりつつあるサービスになっています。
では、サブスク(定額課金型)ビジネスの具体例とは、どのようなものがあるのでしょうか?

サブスク(定額課金型)ビジネスの具体例

現在日本で利用できる、サブスク(定額課金型)ビジネスの具体例としては、以下のようなものがあります。

  • アマゾンプライム 月間プランの場合、400円(税込)、年間プランの場合、3,900円(税込)
  • ネットフリックス 月額ベーシック:800円、スタンダード:1,200円、プレミアム:1,800円
  • U-Next 1,990円 31日間
  • dTV 500円 31日間
  • hulu 933円 2週間
  • ダゾーン 月額980円(ドコモユーザー) 1,750円(一般ユーザー)

上記のように動画配信サービスなどが、一番有名なサービスになります。
また他にも、年間定額で提供されているサービスとしては

  • Googleドライブ(13,000円~)
  • オフィス365(12,744円~)

などがあります。

サブスクの使い方・文章

  • 最近はうちの会社の売り上げが下がってきた。サブスクを導入して経営を安泰させた方がいいかもしれない。
  • アマゾンプライムのようなサブスクサービスだと、料金を気にせずに動画が見放題だからお得だね。

関連用語

サブスプリクション販売